歯のことなど

歯磨きがきらいだ。物心ついた頃には嫌だったし、36歳になっても嫌だ。心の中で「歯磨くぞー!!!!」くらい思って強い気持ちで歯磨きしている。つまり強い気持ちが出せないとき(酔ってるとか)は疎かである。しかし中学生の頃に歯の矯正をしてもらったおか…

年末年始のこと

年末年始は31日と1日に連休をとって、どこにも行かずに食べたり飲んだり漫才番組見たりしてダラダラした。帰省の自粛が叫ばれる中でこんなことは果たしてどうなのかと思いかなり逡巡したのだけど、結果として恋人が名古屋に来てくれて一緒に年越しをした。紅…

身につまされる小説『ハグとナガラ』のこと

クリスマスだ。母からスワッグを、姉から暖まりグッズをもらってうれしい。感謝感謝。この一週間は自分で立てたスケジュールのせいで連勤してしまい、さらに悔しい失敗も重なってぐったりとしていたが、今朝はプレゼントの配達のおかげでスッと起きることが…

使ってないもののこと

#買って良かった2020 コロナのあれこれを言い訳にして、スポーツジムの契約をやめたのが6月くらいだっただろうか。行ってないのにお金を払い続けていたのでこれは正しい選択だったと自負しているが、解約手続きに行ったら店内はガラガラだったので「これなら…

気付くこと/酔っ払いの怖さのこと

ひとのブログやツイート、もしくは発言などから、「このような事象にこのような感情を持つことがあるのか」と目が開かれるような思いをすることが多い。そして、「わたしも同じように感じている/いたかも」と感化までされる。そのくらいのレベルで鈍感で、無…

とりあえずBTSのこと

年の瀬せまるこの10日間くらいで急速に(そして超今更に)BTSにハマったので経緯をメモしておきたい…※とても長いです。 Nizi projectをみんなの3周遅れくらいで見て、その流れでTwiceを知りBlackpinkを知り、延長線上でやっとBTSに興味を持ち始めました。みん…

やりがいのこと

困っていることがある。相変わらず全然やりたくないな〜と思いながら中間管理職をわちゃわちゃやっているのだが、先日社内で異動があり、大ボスが変わった。大ボスと面談して「チームメンバーがやりがい持てるようにしていくのがあんたの目標やな」と言われ…

先週の休みのこと

(12月3日の日記です) なんだかすごく忙しい気がしてつらかった数日間が昨日終わった。定時より前に退勤して、生ビールを飲んで、映画館にM-1グランプリの準決勝のライブビューイングを観に行って笑った。金属バット、ウエストランド、おいでやすこが、錦鯉…

ペヤング辛口チゲ風とモノホントンコツMAXのこと

ペヤングを食べた感想です。1ヶ月くらい前に食べたので記憶がおぼろげですが… 辛口チゲ風については、辛いペヤング界(せまい)に「風味」という新風を感じてとても期待したのですが、結果めちゃくちゃ辛かった。スパイスの袋に一味唐辛子だけが入っているので…

レストのこと

ご無沙汰しております。もう冬ですね。寒いだけで疲れますね。 疲れを取るための活動をしていないから疲れが取れません。 仕事して体が固まって帰宅23時、翌日休みで一日中寝てまた体が固まって、わずかな目が開いている時間はスマホを見ているので目がまた…

アメリカのこと

一応、一応、アメリカ大統領選が終わった。 バイデン&ハリスチームが勝ち、トランプチームが負けた。トランプ氏はまだ負けていない姿勢のようだけど、これからどうなるんだろう。 バイデン氏のことよりも、ハリス氏が副大統領になろうとしていることが嬉し…

9月10月の本のこと(2)

読んだ本を要約してみようという試みです。*1 酒の穴 酒の穴―酒をみつめる対話集 作者:ナオ, スズキ,パリッコ 発売日: 2018/03/01 メディア: 文庫 デイリーポータルZでもよく記事を書いているライターのお二人が「こうやって飲むと楽しいよね」「これが酒飲…

削り蒲鉾とじゃこ天のこと(松山に行ってきました)

高校の同級生が愛媛県は松山市にごく短期間で住んでいて、もうそろそろ東京に戻るというので慌ててGoToしてきた。彼女は以前に京都にも住んでいて、そのときも遊びに行った。地方に友人がいると、会いに行きがてら観光ができて楽しい。みんな地方に住んでく…

9月10月の本のこと(1)

独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法 作者:読書猿 発売日: 2020/09/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 昨日から『独学大全』を読み始めまして…すごい分厚さだ〜とTwitterで話題に(著者をフォローしてるから本人のRTで目に入…

秋のこと

すっかり秋。朝晩、長袖1枚では寒く感じる。スポーツ、これくらいの気候でやっぱりするべきだから、オリンピックは10月がいいと思う。ホワイトハウスで集団感染か、とか、ニューヨークもパリも再ロックダウンか、とか言ってて、本当に来年やるのかなと思うけ…

恥ずかしいけどわかったこと

この3〜4日なんだか変だ。仕事が楽しい。ような気がする。いくらでもできる。ような気がする。 朝行かなくていいならより良い。希望としては10時半から20時くらいで働きたい。実際そうしている日もあり、1時間(定時は9時)違うだけでこんなに楽に感じられる…

自炊もしくは料理のこと

しばらく自炊を全くしていない。 しなきゃなー、と思いながら、今日こそは、と思いながら、ずーっとしていない。最後がいつだったか…と思ったら8月末にイナダシュンスケさんの鶏むね肉の焼き方が流行って、その真似をしたときくらいからやってない。しかもそ…

ペヤングやきそばApplePieのこと

出ましたね。買いました。なんで宇宙…?そんなに壮大な味がするのかしら…どういう意図なのかしら…りんご、ホントに入ってるのかしら…そもそもこれはデザートなのかしら…ご飯なのかしら…疑念ばかりが渦巻きますが、とりあえず食べてみました。りんごが入って…

昼すこし動く休みのこと

昨日は休みだった。 最近は休むと昼すぎ(というか、夕方)まで寝てしまいがちだったのだけど、今朝はゴミを捨てるという絶対に負けられない戦いがあったので、きっちり起きて朝ドラも観た。 ゴミを出しに行ったら集荷の方がちょうど収集車にゴミを詰めている…

湯切らないU.F.O.のこと

コンビニをウロウロしていたら、見つけてしまった『日清焼きそばU.F.O. 黒胡椒肉あんかけ焼きそば』。パッケージに踊る"湯切りなし"の文言…その手があったか、さすが日清! カップやきそば界に訪れた革命!湯切らないことで始まる新たなストーリー!とか思い…

不要な懸念のこと

いま、いちばん自分自身と関係のない、考えても仕方のない懸念事項がある。 それは、古賀さんの息子が反抗期になったらどうしよう、ということだ。 古賀さんというのは知人でもない、デイリーポータルZの編集部の古賀さんだ。心の底から尊敬しているブロガー…

飲みに行きたさとサイゼのこと

昨日は休みで、朝ちゃんと起きて掃除したり洗濯したりアイロンかけをしたり、ずっと放置していた家のクローゼットの修理をしてもらったり、髪を切りに行ったりと、大変充実していた。 夕方から、友人のさとこさん夫婦とクイズマニアの中野さんと4人でビアホ…

ブラックスパイシーシーフード味のこと

最近はペヤングの新商品との出会いに恵まれず、塩ねぎ豚って絶対美味しいやつだけどどこで売ってるんだろ〜と思いながらふらふらしていた。わざわざドンキ(生活圏外)に行くのも癪だから行ってないし、超超超大盛シリーズは気楽に食べられないのでアレコレ新…

深夜の炊き込みご飯のこと

20時半に名古屋駅について、21時の閉店までに高島屋の中のビックカメラで仕事のための買い物をし、そのまま高島屋の中のレストラン街(ただし半分以上は閉店済み)で食事をする。 お米を食べたいな…白いお米…卵かけご飯…の上にちょっとだけ明太子…と思いながら…

夏のおわりの外出のこと

暑い。 暑いよー。一週間か二週間前も暑かったのだが、暑すぎてわからなかったのかなんなのか、あまり汗が出なかったと思うのだが、この数日は汗が止まらない。下着がびしゃびしゃになる不快感、汗っかきの人のつらさに共感した。 世田谷文学館でやっていた…

怒ること

それは難しい。ム!と来たその瞬間に「これはこうだ」と言えないことが問題だ。びっくりして呆気にとられた後で、「あ〜、いまのは怒ればよかった」と思うこともある。たぶん、自分が予想だにしないことを言われたりされたりしたときに、対応する候補がすぐ…

8月の本のこと

母に頼んで実家絡みの書類を送ってもらったら、一緒に本も送ってもらえた。村上春樹『猫を棄てる』と、原田マハ『デトロイト美術館の奇跡』。嬉しく読んだ。 猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book) 作者:村上 春樹 発売日: 2020/04/23 メディア: Kin…

ぼくのかんがえたさいきょうのこと

わたしは大学のころピクルスとソーセージだけの屋台をやるのが夢だった。就職したあとはメニューがキッシュとサラダに変わった。お酒とカクテルだけの屋台というのもいいねと友人と語り合ったこともある。カクテルはノンアルコールもあって、皇居の周りを走…

勇気100%のこと

今日も今日とて、コロナウィルスの悪口を言っているときに、「もう我々は忍たま乱太郎なのではないか」という一言が出た。要は、♪やりたいこと やったもん勝ち♪の世界なのでは、ということだ。 勇気100% (第1期 OP)菅野穣J-Pop¥153provided courtesy of iTun…

ロボ鑑賞会のこと

お誘いいただいて、東京藝大美術館で開催中の『あるがままのアート -人知れず表現する者たち-』を観た。 ロボで! 展示はEテレで放送している『no art, no life』というドキュメンタリー番組で紹介されている作家の作品を集めたもの。作家…と言っても、副題…