温め直すこと

 

8月に天罰が下って電子レンジが壊れ、買わなきゃ買わなきゃと思ったまま2週間ほど経っている。
買いながら家電リサイクル法に則って捨てないといけないことにも困っており、ヤマダ電機で買うと配達しながら引取もしてもらえるらしいというところまで調べた。しかしまだ買っていない。なにがボトルネックなのか自分の心に聞くと、レンジを冷蔵庫から下ろして玄関まで運ぶのをやりたくないらしく、まあなんという怠惰さか。

敢えてこのままレンジなしの暮らしを実践することで、少しでも"丁寧な暮らし"に近付けないか?と夢想もする。
毎日なにか煮たり焼いたりしたらいいじゃない。ご飯は毎朝二膳分だけ炊いて、一膳はホカホカの朝ごはんを食べてもう一膳は曲げわっぱのお弁当に詰めて、夜は炭水化物なしにしたらいいじゃない。すてきね、すてき、ヘルシーね。
現実はただただ外食が増えるだけで真逆を行くことを自分でもよくわかっている。最寄り駅に帰り着くのが22時45分みたいなタイムラインで、毎日のようにコンビニに寄ってしまうのだけど、レンジで温められないというだけでなんと選択肢の狭まることか。家にフライパンも鍋もあるのだから煮たり炒めたりはできるのに、棚を眺めては「チンできないなあ」と思うだけで、とても不自由な気がしてくる。最終的に手をのばす食事が、通り道のすき家のやきとり丼になってしまっても許してほしい。味が難しくなくて美味しかった。
f:id:l11alcilco:20220911085226j:image

少しだけ筋トレを始めたのでたんぱく質を多めに摂取して盛り上げようと、鶏むね肉をどーんと焼いて小分けにするのだが、それも冷蔵庫に入れたら気安く温め直すことができない。炊いたご飯ともども、お弁当として会社に持っていくばかり。会社はもはや、自由にレンジが使える場所として価値がうなぎ登りだ。温めた白米のうまさが嬉しくて、同僚から「お昼食べました?」と訊かれて「食べましたよ!楽しく!」とハッキリお返事してしまったほどだ。ウケたのでよかった。

温め直しについて考え考え帰ってきて、昨晩はオーブンにスキレットを入れてみた。サイゼリヤで食べた「煉獄たまご」を思い出して、冷蔵庫の鶏と卵とトマトソースをぐつぐつさせると美味しかった。
これがソリューションか?放っておいて温まるという点についてはレンジもオーブンも同じ。前はキッシュなどよく焼いていた立派なオーブンだけど、最近はパンをトーストするしか出番がなくて不憫なのだ。レンジ代わりにもっとアグレッシブに使ったほうが良いに決まっている、宝の持ち腐れだ。
でもせっかくオーブンを使うなら、満タンに肉や野菜を詰めて焼き、それを2〜3回に分けて食べたい。となるとやっぱり電子レンジで温め直したい…いやいや、それをオーブンでやるんですよ!堂々めぐりしながら寝る。

やっぱり早く電子レンジを買おうかな…。

 

 

 

助けてもらえること


昨日は泣きながらブログを書いていましたが、その後に名古屋で一番好きな店でご飯を食べ、たくさんお酒を飲んでお店の人や他のお客さんとお話したり笑ったりしたら元気になりました。助けてもらえました。
f:id:l11alcilco:20220903211625j:image

今日は休み。

何年ぶりかにジムに行って筋トレをしました。トレーナーさんに付いてもらって全身ぷるぷるのぷるになりました。ぷるっと弾けそうな体になるということではなくて、筋肉が足りないため震えてぷるぷるしているという意味です。すぐ挫けそうになるので頑張れ頑張れと声をかけて助けてもらえるのはありがたいです。「朝なに食べました?」と聞かれたので「チーズトーストです」と言ったら不満そうな顔をされたのですが、食事の管理は頼んでないのでそこは聞かないでほしいと思いました。米やパンを断つことはしないつもりなので…でもなんとなく悪いなと思ったので鶏むね肉を帰りに買いました。

レーニングの後友人Kちゃんに会い、日記本作りで困っていることを助けてもらいました。iPadのPagesで縦書きの書面を作っていてページ番号を途中から変えたいのだけれど「それはMacのPagesでしかできません」とのことで困り果てていたのでした。MacBookにつるりと入った私の日記本データ…他の人のデバイスにこんな私的なものをお渡しするのは恥ずかしいとなんとなく思うのですが、それを印刷して売ろうとしてるんだから恥も外聞もないのでした。無事に希望通りのページ番号がつき、ついでに表紙の話や仕事の話もできて助かったのでした。
f:id:l11alcilco:20220903214351j:image

Kちゃんと分かれて名駅西口のホリエビルへ、オープン4周年の展示を見に行きました。堀江さんと岩井さんにお会いできて、最近ブームだというあみやき亭の話や楽しみな計画のお話を聞けてワクワクしました。来週のあみやき亭の会に参加できるように仕事を頑張る決意をしました。直近の楽しみ設定していただけて助かる…喜びの気持ちでホリエビルTシャツを買いました。
f:id:l11alcilco:20220903214404j:image

家に帰ってだらついていたら、今度は友人Fさんから「野菜を大量にもらったからお裾分けしたい」と連絡があり、喜び勇んで行きました。近所の美味しいうどん屋の半生うどんをお礼に携えて、素晴らしいおかずたちをもらいました。これで今週生きます。
f:id:l11alcilco:20220903214422j:image

あらゆる人に助けてもらって良い休みとなりました。またつらくなっても助けてもらえるように、人間としてダメにならないように気を付けなくてはと思いました。ありがとうございました。

 

 

だめかもなこと

 

転職サイトを眺めるのが趣味と言ってもいいくらい、ちょくちょく見ている。今すぐ転職する気はないけど、見ている。
それは「もし今の勤め先でダメになっても、こういう会社が求人してるから、どこかにはきっと入れるから大丈夫」と思うためだった。

しかし、それももうダメかもしれない。
募集を見ても「こんな仕事は私にはできない」と思ってしまうこの数日なのだ。

なにもできない、どこの会社でも使えない、スキルと呼べるものはなくて、ただ返事の良いだけの人になっている、という気分と事実が頭の中で蔓延している。やってもやってもやることがなくならなくて、仕事がどんどん流れていく。流れたものを依頼主が拾って「どうなってます?」と言ってくれてやっと焦ってそれに取り組む。そんなことの繰返しでますます己の価値への疑問が募る。体力も知力も、誠実さもスピード感も、なにもかも足りない。
このまま名古屋で今の職場で、中途半端なあれこれを寄せ集めた仕事をし続けて古参のお局みたいになって、一生を終えるのも悪くないのでは、と理解しているのだが、直感的には嫌なのだ。
東京には帰りたいと思わないけど、どこかまた別なところで生活して仕事してみたい。しかしあと数年やってみよう、あとちょっとだけ頑張ろう、と思っているうちに10年すぐ経ってしまいそう。そしたら48歳になっているのだが、わたしはそこからどう生きられるのだろう。

とりあえず今日はお酒を飲みますね。そうすればすべて解決する気がします。


f:id:l11alcilco:20220903211538j:image

最近の天罰のこと

先週は全然力が出なくて欠勤しまくってしまった。

95%布団の上で過ごして起き上がれず、睡眠したり覚醒したりしていた。
そういうときは大概TwitterデイリーポータルZをぐるぐるしていることが多いのだけど、今回はmiyearnZZさんのラジオの書き起こしを読み漁っていた。なので今わたしは安住紳一郎にすごく詳しい。彼がパンダの命名のプロであることを初めて知った。*1

 

そんな具合に怠惰を極めていたら天罰が下り、電子レンジが壊れた。
2020年の年末にも壊れた。買ってから2年も経ってないのに壊れた。
安いやつだからか?それともわたしが人としてアレだからか?タイミングが良すぎて後者としか思えない。
炊いたご飯を全部冷凍しているからレンジなしでは食べられず、とりあえずひやむぎを茹でて食べ過ぎるなどした。
社会復帰したこの数日は冷凍ご飯はお弁当として持参して会社で食べている。

食べられないと思うとなぜか食べたくなるのが人の常*2で、吉野家に通っている。
牛カレーのチーズのせを食べたらルーライスマネジメントをミスしてしまい、余ったルーのために追加でご飯を頼んだ。並盛の丼にびっちりご飯が詰まって出てきたので、びっくりしたけど食べた。半量とかで頼めるようになるといいな。

そろそろ太るという名の天罰が下りそう。お腹が痛くなるという天罰は現時点では発生していないのでナメている。

 

*1:

*2:主語デカ

ノーノーのこと


ノーやる気です。
夏休み明けから6勤したらエネルギーが全部消えました。
いや、6勤最終日にエネルギーが消えるのを感じながらも1人で一生懸命飲み食いし、翌日も一生懸命遊んだらほんとに全部消えました。なぜか体力よりも心のエネルギーがよりマイナスに。いずれにせよ消すまで使っちゃちゃだめだとわかっていたが遊びたかったんだ…と私は供述しています。

 

で、今日はノーやる気のため、ノーブラ出勤しました。
暑いし。蒸すし。
誰も気付かないだろうし、下着くらいラクさせてくれと。
いや、しっかり休んでぐーたらして、フレックスタイムに勝手にして、じゅうぶんラクさせてもらってるんですけどね。普段もカップ付きタンクトップ的なものしか着てないので、ちゃんとブラジャーする日なんてほとんどないんですけどね。

そいで出勤途上でお昼食べようと、近所のうどん屋さんに入りまして、きしめん定食頼んだんですね。750円。きしめんはコロと呼ばれる冷たいおつゆのスタイルで、炊き込みご飯がついていて、小鉢もついていて。食べ過ぎですけどもうね、気合い入れるためにいいやと思って。
頼んだ20秒後くらいにハッとして、鞄を漁ったら財布がないんです。

ノー財布。またかよ。*1

遊ぶ用のカバンから仕事用のカバンに全部移したつもりで、財布だけが取り残されているんだな。
定期入れに忍ばせてる"いざというとき用"の千円札も、たまたま昨日使っちゃって補充してないし。
毎度おなじみ、まさかの今月30回以上使用済になってるペイペイも、この古き良きお店では使えないし。
あー。
立ち上がってお店の人に「すみません、わたし財布忘れちゃって」と言ったら「お近くですか」と。
「はい、すぐに持ってきて…や…」
二人で厨房を一瞬見ました。もう…茹で始めてますよね。
「あとからでもいいですよ」と優しく言っていただき、出てきたきしめん定食を恐ろしいスピードで食べきりました。

食べている間、頭の中を巡っていたのは「この暑い中、徒歩10分の家に帰りたくない…なにかソリューションがあるはずだ」ということ。そしてこのツイートを思い出したのです。


前回、ノー財布で旅行したときに、Twitterで嘆いていたらセブン銀行公式がリプライしてくれたやつ。

ありがとう、これだよ、炎天下の徒歩10分より、3分と手数料のセブンイレブン
高速でうどん屋からセブンイレブンへ移動して、念の為の2千円をセブン銀行ATMからダウンロード。走って戻って千円でお会計。はー、よかったよかった…おかげで食い逃げせずにすみました。

 


先ほど帰ってきて、財布はちゃんと仕事カバンに移しました。ノーブラのままです。もう後者はこのままでいいんじゃないだろうか。やる気はちょっと出ました。

 

 

 

 

*1:前回のノー財布記録はこちら

服が臭いこと

 

あの…
なんていったらいいか…
その…
コミケは臭い…みたいな…
今どきの明るく元気できれいなオタクの人たちじゃなくて…
いにしえのヲタクの人たちってなんか臭い…とか…
ある?あった?じゃないですか…

なんで臭いんだろうねとか風呂入れよとかいろいろあると思うんですけど…

いま
わたし
それです。

服が
臭い
です。

 

なぜそうなったか、言い訳をさせてください。

 

少し前までアリエールのジェルボールを使って洗濯していたのです。
使う前までは「こんな環境汚染の素みたいなの使っていいのかしら」と不安がっていたのに、ポンと1個洗濯機に投入するだけという手軽さに、使い始めたらもうコロッと負けました。
洗濯の量に合わせてなんやかんや調整しなくていい!洗剤の液がフタから垂れて悲しくならなくていい!ありがとう科学よ、ありがとう人類の進化よ、と思っていたのに、どうも香り抑えめの商品が廃番になってしまったようで、近所のドラッグストアで見つけられないときがあったのです。
そこで同じシリーズの別商品を「まぁいいか」とごく適当に買ったのですね。そしたらすっごい、すっごい、匂いで。もともとわりとなんでも無香料が好きなので、大変に困惑したんです。ちょっと、気持ちが悪くなるくらいに。
それをTwitterに書いたら*1、「無印良品の洗剤が無香料でいいよ!」とおすすめされました。素直なので、強い香りのジェルボールを使い切ったあとにすぐ買いに行きました。
久しぶりの液体洗剤で、やっぱりどのくらい入れたらいいか量がわからないなぁと思ったりはしたものの、しばらく問題なく使っておりました。むしろ無印の洗剤はパッケージも押し付けがましくなく、これで私も少しだけ丁寧な暮らしに近づけそうだわ…と、とても気分が良かったのです。

しかしこの数週間の暑さ。汗。湿気。

部屋干ししている洗濯物にふと近づくと、異臭がしてきました。
あれ…
これ…あれじゃん…
服が臭い人のニオイじゃん…!!!

泣きながら消臭スプレーを買ってきてみたら今度はそのスプレーの匂いが嫌いだったり、ならばとアロマオイルのスプレーを手作りしてみたら全然効果がなかったり*2して、
気付いたんです。

無印良品の洗剤を使っている人は、晴れを活用してベランダ(もしくはお庭)で洗濯物を干しているに違いない。
日に当たって、風にそよいで、パリッと乾く洗濯物。
だから異臭がしないんだ。

わたしがいま取り組んでいるのは、テレビのCMでよく見る「部屋干し臭」というやつだ。
黄土色の、どよんとしたフォントで書かれた、あれ。
素直な洗剤で洗って脱水もそこそこに、ろくに風を通さず締め切った部屋で、濡れた服を乾かそうとする…しかもちょっと重なってて乾きづらいところもある…
きっと洗濯物のプロが聞いたら叫びたくなるような劣悪な環境。
は〜これが、これが服を臭くする方法か。

 

ほとんどの洗濯物はドラム式で一気に乾燥までやりきってしまう生活をしております*3 *4が、一部ハンガーに干している主に通勤用のシャツは、なるほどP&G的な、炭酸パワーがなんたら!洗濯科学がどうたら!除菌が!バイオが!大容量!といった工夫たちに守られていたんだなと、身を持って理解いたしました。

なので…はたとインターネットで検索して、Amazonで買いました。アリエールバイオサイエンスジェルボール4D微香タイプ。廃番になってなくてよかったです。

 



 

 

*1:何でもTwitterに書きます

*2:でも、いい匂いです

*3:前回のpostも今回もズボラ自慢になっていて恥ずかしい。芸風を変えたい。

*4:この手前まではちゃんと日に当たるように干してた時期もありました。念の為。

ひとり住まいの夏休みのこと

 

夏休みが終わった。
正確には夏休みの彼氏が名古屋に遊びに来ていた期間が終わった。
わたし個人の夏休みは8月11日と15日の二日間であった。8月10日も休むつもりだったがいろいろあって出勤したため休みは減った。
なお、いろいろあって出勤もしているがぐずぐずして欠勤もしているため月間で見ると休みの数は合っている。もっと休みたいのは休みたいが。

 

夏休みの目標は「1年くらい溜め込んだ段ボールごみを捨てること」「1年くらい壊れっぱなしのゴミ箱を買い換えること」の二点。ゴミ休みである。

 

段ボールは捨てるタイミングと場所がいまいちわからなくて放置していたらどんどん溜まった。溜めていたら一人で持てる範囲を超えてしまい、ますますいつどこに捨てたらいいかわからなくなって更に放置していた。できれば客人が来る前に捨てたかったのだが、やっと見つけた365日24時間捨てられる場所が家から30分くらい歩いた先だったので、挫けた。

11日の朝、いざ捨てに行くぞとほぼ寝間着のまま出掛けた。暑くなる前に捨てに行くのが正解のはずだと7時に出発。客人の協力を得て歩きはじめたら、なんだか近隣のおうちの前に段ボールが置いてある。
「え、回収あるの…?」「調べても市の回収はないですって書いてあったのだけど」などとムダな言い訳をしながら、よくよく捨ててあるものを見ると「○○学区 資源回収」の紙が付いていた。これは、市ではないけどオフィシャルに、地域として回収してもらえるということだ。嬉しい。すごく嬉しいぞ。
今後もこの学区単位の回収について調べておけばいいということもわかって大いなる前進だ。

徒歩30分のつもりが3分で段ボールを手放し、コンビニで牛乳など買って帰ってきた。

これは朝一番で出掛けなかったら既に回収されていてわからなかったかもしれないし、そもそも今日出掛けなかったらこの回収ルーティンに気付かなかったかもしれないし、やはり今日の早朝に取組んだのは素晴らしかったなぁと自画自賛しながらミロを飲んだ。

そのあとはトリエンナーレを観に行ったりして休みを満喫した。
f:id:l11alcilco:20220816213031j:image

 

ゴミ箱は3年くらい使っていたのだが、フタをキッチンのサイドボード代わりに鍋釜を置いたりしていたら、いつの間にかひしゃげて閉められなくなった。

たぶんそれが1年くらい前の出来事で、そのあと突然入院したときに荒れ果てた部屋を見た親から「あなたゴミ箱買いなさいよ」と言われて、ハイハイ返事だけして買わずにずっと来た。わたしは返事だけして実行しないことに定評がある。

フタだけ買いたいなぁと思っていたがそんなことはできず、無印良品で買ったはずと思って行ってみるも同じものは既になく、やる気がそがれるばかりだった。

夏休みも最終日になり、「ゴミ箱を買いに行きたいのだが」と伝えると客人が思ったよりも乗り気で「買うべき」と言ってくれたので、4軒くらいお店を回って買った。ついでに扇風機も買うべきではないかと提案を受けて、小型のサーキュレーターを買った。つけたら部屋じゅうに冷風が行き渡って涼しいのだった。

 

ひとりで住んでいると、不便に慣れてまぁこんなもんかなと思ったり無視したりしているようだ。新鮮な視点で住まいを見てくれる人がたまに来てくれるとありがたい。

とはいえ誰もいなくなった部屋にもそれはそれで安心感があり、まったくもって素敵な空間ではないが、人生をダメにするにはちょうどよいと思いながら残り物のチャーハンをタッパーからそのまま食べるのだった。

もっと休みたい。