バランスと老後のこと

会社員になって11年、会社に行って働くことが癒やしになることもあるんだなとやっと気が付いた。

私たちの親世代の方々が、会社が大好きで地震が起きても絶対に会社に行きたくて、その分家庭を顧みない人になっていった訳がなんだか今更になってわかるのだ。
会社にいれば何を期待されてるかわかるし、やれるならやればいいし、やっているうちに時間は過ぎていく。承認されて、お金ももらえるし、話を聞いてくれる人もいる。
家庭で明文化されない期待(や不満)にやきもきするより、見える化された期待に応えれば済むというのはラクなのかもしれない。
ただし、期待されたことをやれないとしんどいし、認められないのもしんどいし、話も聞いてもらえないとしんどい。およそ8時間の勤務時間ずっとそんなだととてもしんどい。お金はたぶんもらえるけど。
でもそれこそ高度成長していた頃は、きっとわかりやすく世の中良くなっていき、自分もそれに参加している感もあり、働くことや所属していることが今よりもっと気持ち良かったのだろう。そんなこんなのうちに会社員であることにどっぷり浸っていく。そんな人にワークライフバランス!とか言っても、ワークが気持ちいいんだもんね、気持ちいいところから出るのはつらいもんね、と思う。
そういう人たちに定年が来て退職して、今まで仕事と通勤にあてていた一日のおよそ半分を自由に使えるようになると、どうなるのだろう。蕎麦を打ったり野菜を育てたりスポーツしたりいろいろあると思うけど、会社大好きだった人たちは、きっと会社に行きたいだろうなあと思う。それが趣味がないくらい仕事が楽しかった人たちの「末路」と言うには、なんだかかわいそう。
老人ホームで入居者の方々が、歌を歌ったり俳句を作ったり、ともすれば工作したりしている様子を見ていると、なんかもっとプロジェクトないのかなぁと思ってしまう。今の時期から15年か20年くらいは、まだまだ仕事人間の人たちがそういう場所に入って行くだろう。そのとき絶望しないようにするにはどうしたらいいのかなと思う。
20年くらい経てば、趣味があったり、ワークライフバランスのある人たちが老人になっていくだろうから、それぞれに趣味を満喫していただければよいかと勝手に思っている。
(実情は正直全然知らない。主に想像で書きました。)


わたしは最近、仕事をしているときが一番元気かもしれない。朝は全然起きられないし、大概夕方には元気は切れてしまうのだけど、うまくスイッチが入っているときはニコニコしていると思う。前の会社にいるときより、今の会社のほうが全然ニコニコしている気がする。ニコニコすべき場面が多いせいもあるのだと思うけど、大変化だ。
休みの日に一人でごろごろしたり出掛けたりしても、こんなに頻繁にニコニコしていない。
ああ、このままいくと、会社大好きの人たちと同じになってしまう。まずい。危ない。
ずっと遊んでいたいし全然働きたくない、旅行に行きたいところもめちゃくちゃあるし読みたい本や観たい映画も大盛りだ。
それを無理矢理にでも実施して「あー趣味は楽しいな」と自分に思わせないと、働いて疲れているくせに、会社や仕事が持っている別なタイプの癒しの力に負けそうになる。怖い。不安だ。

というのを書いておいて、来月くらいに会社辞めてたら面白いのだけど、たぶんまだ辞めない。

 

日記(カレーのこと、虫のこと)

実家で母と姉が話していて、なにがきっかけだったか忘れてしまったのだけど
「そういえばわたしカレーってそんなに好きじゃないわ」
「私も」
「外で食べるとき絶対選ばない」
「好きな人は毎日でもいいって言うわよね」
「そうねえ」
なんて会話を二人がするもんだから飛び上がるほど驚いてしまった。
末娘(わたし)はこんなにカレーが好きなのに…!
動揺しすぎてマンガのように「で、でもでもっ」と意見し始めるのがへたくそになってしまう。
わたし「カレーと言ってもいろんな種類があるし…毎日食べられるかもしれないよ…まあ別にわかってくれなくてもいいけど…」
2人「うふふ」
微笑まれてしまった。
家族で住んでいたとき「今夜はカレー」となったら、みんな自然に食べていたのに、実はそんなに好きじゃなかったのか。実家のカレーは実用的だった(シチューとか煮物とかの最終処理手段としての『カレー化』が行われていた)が、私はそのカレーも好きだったと思うのだが…。


その会話を思い出してカレーを食べたいなと思いながら退勤していたら、通りすがりに立派なゴキブリがいた。

 

屋外で見るとゴキブリも「虫だな」と思えてそんなに恐怖でも不快でもないのだけれど、そいつがとても立派なうえに、屋内に侵入しそうになっていたので「わあどうしよう」と思って立ち止まって眺めてしまった。
すると別な社員も現れて「おお、これは」となった。もう一人現れて「おおー」となった。もう一人のほうが一瞬の間の後に「えいや」と退治してくれて、無事に侵入を防ぎ、わたしはお礼を述べて軽やかに退勤できた。
屋内に入った瞬間、価値が全然違う虫になるから危ないところだった。屋内の環境の価値すら変えてしまうすごい強いメッセージのある虫だ。

 

 

 

-------------------------

ドバイに旅行にいったときのことをzineにしました。あと大好きなペヤングの湯切りシーンのワッペンも売ってます。ぜひ!

 

完璧な休日のこと

今日は休み。こんな感じで過ごす。

朝8時。起きて、ご飯をたべ、洗濯機を回してリサイクルごみを出す。
紙の回収はリサイクルとは別で、水曜日に近所のスーパーに回収おじさんが現れるからスーパーまで紙ごみを出しに行く。
10時。その流れでジムに行き、昼ごはん。
13時。一旦帰宅して着換え、荷物をまとめて出かける。実家で用事があるので新幹線。
14時半。東京駅のステーションギャラリーで『メスキータ展』を観る。ステーションギャラリーはいつも面白そうな展示をやっているのになんだかタイミングが合わず、やっと初めて行く。
15時半。そこから国立近代美術館『高畑勲展』へはしご。閉館ギリギリまで見る。
お茶を飲んで、実家に帰る。家族と晩ご飯。

 

という完璧な休日を過ごすつもりだったのだが、
9時頃お取引先から電話があってふわふわとお返事をして、

そのまま寝て目覚めたら午後2時であった。

「あー…」と思ってダラダラとTwitterを眺めたり、眺めながら寝たりしているとみるみる時間が経つ。
最低限…と思って洗濯機を回して出かける。
20時東京着。うーん。


f:id:l11alcilco:20190724214157j:image実家で晩ごはんを食べさせてもらった。ここだけ予定通り。

 

大阪に行ってきました

大阪に遊びに行ってきました。
主に食べたものたちのことを書くぞ。

 

金曜の仕事終わりに、私の中で最近流行っている「新幹線合流」をした。そのままだけど、東京から乗ってくる家族や友人の隣に名古屋からサッと乗って座るのだ。
楽しみに持っておいたペヤングポテトスナックを食べ、缶のハイボールを飲む。なおこれも最近私の中で流行っているのですが、新幹線の車内販売でお願いするとカップに氷を入れてくれるので、そこにハイボールを入れて飲む。氷は無料なので、飲み物を事前に駅やコンビニで買うのではなく、車内販売で買う良心が求められる。
f:id:l11alcilco:20190723221054j:image
ペヤングのスナックはキャベツ太郎の上流版という感じだった。

 

そんなこんなで新大阪駅に着き、とりあえず改札内の『だるま』で串カツを食べた。ラストオーダーだった。紅生姜天が食べたかったのに、入っていないセットを頼んでしまい後悔した。串カツ、セットだめ絶対。f:id:l11alcilco:20190723221119j:image


ホテルにチェックインし、近くのイタリアンに行く。
f:id:l11alcilco:20190723221359j:image

ホテルは話題の『HOTEL SHE,』に泊まった。港町の、ちょっとローカルな、という触れ込みのエリアだったけど、わりと名古屋でもローカルなところに住んでいるので違和感がなかった。パチンコ屋の光り方は全国共通。お部屋はビジネスホテル並みのコンパクトさだけど、さすがにめちゃくちゃおしゃれであった。
f:id:l11alcilco:20190723221809j:image

 

翌日は朝ごはんに失敗してコンビニでサンドイッチを食べた。
昼に『千とせ』で肉うどん。
f:id:l11alcilco:20190723222002j:image
うどんがふやふや〜つるつる〜で、透明のお出汁がたまらぬ旨みで、関西のうどんらしさを満喫。受け継がれてきたこの地の宝物。優しい。毎日食べられる。

千とせ べっかん

食べログ 千とせ べっかん

 

そのままちょっと歩いて、『わなか』でたこ焼き、ねぎポン酢。
f:id:l11alcilco:20190723222030j:image
こちらもふにゃふにゃ〜としていて、出汁味で優しい。ねぎが多すぎで、ねぎ好きにはたまりません。簡易的なイートインスペースにぎゅうぎゅうになって、ねぎでビールを飲む。たまりませんな。

たこ焼道楽 わなか 千日前 本店

食べログ たこ焼道楽 わなか 千日前 本店

 

そのまま辿り着いた道頓堀は看板が全部前へ前へ出ていて香港の進化版のようだった。初めて歩いたけど、陽のエネルギーが嘘だとしても満タン。歩いてるのは98%観光客なんだろう。賑やかの言語化みたいな場所だった。
f:id:l11alcilco:20190723222142j:image写真館にかけてあった宝塚の役者さん、そのワンピース私も持ってます高校の卒業式で着ました!という気持ちで撮った写真。取っておいてあるけど、いま太ってて多分着れません。

土曜の宿は心斎橋ちかくのビジネスホテル。チェックインしてひと休みし、夜ご飯の旅へ。

 

鶴橋に行ってみた。駅降りてすぐ焼肉。どこに行っていいかわからないままウロついていたら、市場のようなところに入り、キムチとかチヂミとかをすぐ食べさせてくれるお店がちらほら。混んでいる店に入る。混んでいない店はずっと混まないので、なんか悪いなぁと思いながら混んでいるほうを選ぶ。
f:id:l11alcilco:20190723222345j:image
トマトのキムチ、カワハギのキムチ、チヂミ。生の蟹や海老のキムチが店頭に並んでいたので、カワハギにも同じことを期待して頼んだのだけど、佃煮のような感じでイメージと違っていた。トマトのキムチも想像を超えてくる甘さ。楽しい!

 

焼肉も食べたかったけど、鶴橋を離れて隣の駅から徒歩10分、噂にきいていた『スタンドそのだ』に行ってみた。

めちゃくちゃ行列している。おしゃれなヤングボーイズアンドガールズがこぞって並んでいる。店の中をのぞいてみると立呑みではなくイスが設置されている。こりゃあきまへん(2つの意味で)(嫌われるエセ関西弁)。


ということで、満席ながら比較的空いていた姉妹店の『台風飯店』へ。メニューもたのし、飲み物もたのし。バイスに南国サングリア。
f:id:l11alcilco:20190723222643j:image
前菜盛りと魯肉飯・鶏肉飯・マトンキーマの三種あいがけ。前菜盛の内容はもやしのソムタム、鶏とザーサイの和えたの、ポテトサラダ、スーチカー(茹で豚)と食べたいメニューが勢揃いでありがたい。もやしのソムタムがソムタムらしい味付けでとても良い。ずーっと食べていられる。

 

満足してもう一度『そのだ』を見に行くと、まだまだ行列していて驚いた。
f:id:l11alcilco:20190723222725j:image
なにがそんなにヤングを惹き付けるんだろう、行列には並ばなかったけど気になって気になってまた大阪に行きたい気持ちになるほどだ。きっときちんと美味しいつまみと爽やかなムードと楽しい接客があるんだろう、それが「今っぽい」んだろうな。突飛なことで一発逆転ということではないのが、なんとなく感じられる。代田橋の『しゃけスタンド』的な。
いまの「今っぽさ」って、絶妙なところにある。「自然な」「力の抜けた」みたいなムードって、すこしこわい。


想像でだいぶ語ってしまった。

 

そのまま腹ごなしに心斎橋まで歩き、さっきの「肉も食べたかった」気持ちをカルビで満たした。(酔ってて店名不明。)
f:id:l11alcilco:20190723222907j:image
大阪もホルモンカルチャーが華々しいようなので、また来てホルモンツアーをしたい。スパイスカレーの名店も多いし、忙しい。

 

翌朝、出勤途上の新幹線で551の豚まんとちまきを食べて旅の終わり。匂いが迷惑なので次からはホームで食べよう。というのをいつまで覚えていられるか…。

 

 

よい休みのこと

昨日は休みを満喫した。
まず予約時間のギリギリまで寝て、それからアレルギーの検査に行った。
すべて自己診断だがスギ花粉、猫、アスピリンに加えて、新たにヘアカラーがアレルゲンとして登場したっぽいので、「そろそろ客観的に見てもらっとこ」と思って病院を予約した。しかしヘアカラーアレルギーと自分で思っていることについて検査するには、予約した血液検査では全然意味がないことがわかった。
まあいいか、と血を抜かれて終了。

 

金山で気になっていたフィンランドがテーマのカフェに行く。
朝ごはんを食べてなかったのでジャガイモとチーズの小さいパンを食べた。懐かしい感じ(1回旅行したことあるだけ)。
チョコミントフレーバーのコーヒーがあったので頼んでみたら確かにチョコミントの味がして驚く。どういう仕組み? ミントの味のついた甘いミルクもついてきたので 途中から味変してみたけどブラックで十分だった。
f:id:l11alcilco:20190712000949j:image

あと少し歩くと東別院に着くということがわかり、散歩。
せっかくだから行ったことのないところでお昼を食べたいなと思い、行きたい店リストを眺めて東別院から鶴舞まで歩く。東別院と鶴舞の間に上前津があることを学ぶ。全然どこをどう歩いているのかわからなかったのだけど、途中からなんとなく分かってきて嬉しい 。やっぱり歩かないと道ってわからない。

鶴舞の『カリーみよし』でスパイスカレーを食べる。とてもうまい 。とてもうまいけど、この間行ったグナグナカリーの方が好きだったなと少しだけ比較してしまう。 名古屋観光でカレーをお探しの方にはグナグナカリーをご推薦申し上げたい。なんて失礼なブログだ。(写真のカレーはみよし)
f:id:l11alcilco:20190712001048j:image

そのまま、これまた行ったことのないカフェに行こうと思ったら臨時休業でした。歩くために歩いたということにした。場所も分かったし良かった。

バスに乗って円頓寺の辺りで降りる。パン屋に寄って明日の朝ご飯を買ったら素敵かもなんて思ったのだけど、パン屋はもうやってなかった。パン屋は関係ないけど、この辺に住みたい。
f:id:l11alcilco:20190712001209j:image

そのまま名古屋駅に向かってウロウロ歩き、歩いている途中でとっても素敵な外観の古道具屋さんを見つけた。嬉しくなってじろじろ見てしまう。どう見てもほしいカゴとかほしいビンとか、ほしいケーキ屋さんにある何か入れるやつとか、 ときめきまくったのだがその辺のものは使い道が難しいので我慢。お皿を1枚買った。とても可愛い。最近 一人暮らしの一番初めに買ったいまいちな皿たちに対して の怒りがたまっていたから、ちょっとそれで晴らした。お店の方と話ししたら「えっ、偶然通ってきたんですか⁉」って言われてしまった。なんかすみません。
f:id:l11alcilco:20190712001106j:image

そのまま名古屋駅まで歩き、ホリエビルでうわさの本を買う。すぐ読んで、惚れぼれする。もし東京にいたらこの本はこのタイミングでは買えなかったかも、とか。ほりえさん達と作者の方に繋がりがあったからこそホリエビルで買うことができて、感謝感謝である。それにしても5年の歳月を、こんなに気軽に買わせてもらえるなんて恐縮だ。大切にしなくては。
f:id:l11alcilco:20190712001138j:image

ほりえさん達と少しおしゃべりしてから、セールの高島屋をちょっとうろつく。ずっと使いづらかった財布を変えたいと思っていて、全然セールのことを想像していなかったけど、チャンスだと気が付いた。ちょうどいいのがあったので 買った。思っていたより半分ぐらいの値段で買えてとても嬉しい。

 

ずっとずっとうろうろし続けた一日だった。病院の予約以外は何も予定もなく、ふらふらできてとても気持ちがよかった。こういう日をまた用意しなくては。暇は大切。

それにしても、まだまだ名古屋観光できるな。まだまだ探検できる。それも嬉しい。

 

 

-------------------------

ドバイに旅行にいったときのことをzineにしました。あと大好きなペヤングの湯切りシーンのワッペンも売ってます。ぜひ!

 

どうしていいかわからないこと

結局24時間営業のジム、前に通っていたところに再入会して、そろりそろりと運動を再開している最近。

ジムにはテレビが何台もあって、普段あまり観ないようなドラマやバラエティ番組が流しっぱなしになっている。チャンネルは変えられないし音も聞こえないけど、なんだか新鮮で楽しく見る。わたしは自宅ではほとんどEテレNHKを流しっぱなしにしていて、ゴールデンタイムの民放にすっかり疎くなっているのだ。

 

先日はMUSIC DAYという歌の特番(9時間生放送だって、たいへんだ)が流れていて、でも音は聞こえないから歌詞の字幕を観て曲を脳内で流しながら筋トレした。インターバル中しか観られないから曲がどんどん変わっていく。木村カエラの前髪の短さにびっくりするなどした。
そしたら、始まったのだ。ジャニーズデビュー曲メドレーが。これはタイムラインのみんなが楽しみにしてたやつ!と思ってしばらく立ち止まって眺める。

 

で、ここで「どうしていいかわからないこと」が発生した。(やっと本題に入ります)

 

ジャニーズ事務所のメンバーがシャッフルされていろいろなグループのデビュー曲を少しずつ歌う構成で、和気あいあいととても楽しいムード(音は聞こえない)。 なのだが、『Real Face』になって状況が一変。いわゆるたいへん大人のムードになった。心のなかで「なにこれエロすぎる!」と叫びつつ「ああ、わたし今この人たちを性的に消費してるんだな」と思って戸惑った。そんなことしていいのか、という葛藤が突然現れた。
どうしていいかわからない。

 

男性が女性を性的に見ることについての、糾弾がTwitter上ではいま多くある。それを眺めていて、確かに、女は男のために肌面積の多い服を着ているわけでもないし、化粧しているわけでもないし、それで痴漢されたんじゃたまらないな、と思っていたところ。でもわたしは女として、男性をどう見ているか?と考えると、果たしてどう違うかわからないほどに、下衆なのだ。痴漢はしないけど。

女の人がすてきな人を見て「ときめく」のと、男の人がすてきな人を見て「かわいいなと思う」のと、どれだけ違うのか。どちらにも性欲は含まれていると思うけど、それの発露の仕方・表現の仕方が問題なのか?
もし男女が平等なら、女の人も男の人がするように、居酒屋バイトのお姉さんたちの見た目を評価したりしてもいいのか?「かわいい」「ケバい」「おっぱい大きい」みたいな評価(「ケバい」が一番腹立たしいけど)。
いいのか?となげかけてみたけど、女の人だって実際には同じことをしている。"イケメン店員のいる店"に喜んで行く人たちはいるし、ムキムキの人の筋肉に触りたがったりする。「目の保養になった」みたいなことを言ったり、そうでない男性を無視したり、している。 そこを差っ引いて男性からの"まなざし"だけを糾弾するのはおかしくないか?

そんな"妙な感じ"の中で、めちゃくちゃ真正面から来たパフォーマンスとそれへの歓声。どうしていいかわからない。
番組の中の様子は、アイドルの人そのものではなく、その人が作りだした様子(ショー)を「商品」として消費しているから、悪いことではないのか?  関ジャニ∞のライブに行ったとき、素直に「キャーッ」と言えなくなるときがあって、「なんて大変な仕事をしているんだろう」と途方に暮れたことを思い出す。パフォーマンスをパフォーマンスとして受け止められていないこちら側に問題があるんだろうか。

 

そんなことでもやもやしながらストレッチして、もやもやしながら最近知り合った方の出ているDJイベントに行ったら、にこにこしながら音楽の中で揺れている大人たちがたくさんいて、頭の凝りがほどけたようだった。よい空間で、よい音楽が流れていて、よい人たちが集っていた。音を聞きながらゆらゆらとするのは、集団で瞑想しているような感じ。すっかりリラックスして、ひとりでブツブツ考えているだけだとダメだな…と実感した夜だった。


f:id:l11alcilco:20190711005226j:imageおいしいカレーも食べた。

 

 


この内容を数日間、書いたり消したりしていたらジャニー喜多川氏が亡くなってしまった。これからアイドルの人たちはどうなっていくんだろう。

 

 -------------------------

ドバイに旅行にいったときのことをzineにしました。あと大好きなペヤングの湯切りシーンのワッペンも売ってます。ぜひ!


最近の読書のこと(7月)

 

40歳までにコレをやめる

40歳までにコレをやめる

 

読みました。すがすがしくてぐいぐい読んでしまった。いろいろやめていきたいよ、と思いつつ、まず私は東京に住むのをやめたな、と気付く。ニューヨークまで行ける日はいつ来るのだろう。行くには足りないものばかりだけど、足りないものを数えるのをやめるのも、どこかに行くには大事かもしれないね、とか言っておく。どこかに行きたい気持ちがいつもあって、でも地元という意味でも都市という意味でも東京は魅力的で、アンビバレントな気持ち。

 


いま、この二冊を並行して読んでいる。

家をせおって歩いた

家をせおって歩いた

 

どっちもめちゃくちゃしびれる。


『家をせおって歩いた』のほうは、美術家の男性が文字通り家を背負って徒歩で日本国内を移動し続けている日記。歩いてる最中に書いていたブログをまとめたものらしい。SPBS(ああ、これも東京)で展示をやってたのを、ほんとうに見に行けばよかった、と後悔しながら読んでいる。一緒に販売していた絵本のほうも、どんな内容なんだろう、買えばよかった。買おう。

こちらの日記のほうを読んでいると、本人の切実で真っ直ぐな感情が槍のように出てきて溜息が出てしまう。なんの溜息なのかというと、たぶん、すっかり「普通に生きる」「会社員としての生活」みたいなものに馴染みきってしまい、そうでない美術家らしい生き方考え方が羨ましくなるからだと思う。羨ましい理由は「そういう特別な存在になりたかったなあ」みたいなことで、でも、そんなことを言ったらこの人には「特別じゃないです」と返事をされてしまうだろう。そういうことではないよ、もっと切実なことなんだよ、と日記に書かれてしまう。そんな切実なことが胸の中にあることが羨ましいのです、こちらは。

引用。


これまで「若いからできていいわね」とか言われてなんか違和感があったのは、あの人たちに日常化のバイアスがかかっているからだ。彼らの中にはなにか 確固たる「日常とはこういうものだ」という無意識の思い込みがある。 「いま目の前でこんな事をやってる人がいるのはある種の非日常的な『勢いにのって』やっているからだ。彼もいずれ若くなくなり、『私たちと同じようなにこの日常』に取り込まれていく。 だから私がこの日常にいることは間違ってない」と 自分を納得させるために、そういうことを口走る。

(家をせおって歩いた 51ページ)


これを読んでがっっっくり来てしまった。こういう日常の感覚を持ちたくないけど、大いに持っている自分がいることを思い知る。


以前ある人に「○○さん(共通の知人)も楽しそうだけどそろそろ結婚して幸せになってほしいよね」と言われたとき「いや、結婚にまとめなくてもいいだろが!なにその旧式な考え方!」と心が暴発しそうになったのを覚えているのだけど、そういう側面ではない、たとえば、「仕事をするしない」「定住するしない」といった、自分では「する」ことが当たり前みたいに思っていること以上の選択肢が出てくると、困惑して、自分の当たり前を守りたくなってしまう。

本当はもっとフラットにいたいのに、こだわってしまってることがめちゃくちゃたくさんある。恥ずかしい。そういう気持ちになりまくる本だ。まだ半分くらいしか読んでないけど。

 

ジェーン・スーさんの対談本も、地方と東京、ジェンダー(特に男性の生きづらさ)、いまの当たり前についてのアップデートなど気になるトピックが多すぎてハラハラしながら読んでいる。

https://www.instagram.com/p/BzQD5vtltJz/

この帯の内側の文言、読み始めてしばらく気が付かなかったけど、気付いた瞬間びっくりした。よく抜き出したなあ。きっとこういうのは編集者の人が決めているんだろうから、だとしたら編集者の人あっぱれだ。拍手〜。