1月の読書のこと

 

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

 

新年一冊目は昨年末から話題の本を読みました。
イギリスのちょっと激しいエリアで成長していく中学生の男の子、それを見守る、ちょっとパンクなお母さんのノンフィクション。エッセイのように読みやすく、時間の流れがあるから小説のようにも感じ、感情移入が進みます。イギリスの小中学校のリアリティは知らないことばかりで新鮮に面白いし、多文化社会の素晴らしいところと面倒なところを同時にサッパリと見せてくれるので勉強になる。いろいろあるけど結論としてはとても爽やかな本。これからの世の中を生きていく息子くんのバランスのとれた成長が頼もしい。これを面陳列でPUSHしてくれる書店があるから日本もまだまだなんとかなるのでは…という希望も感じました。

 

 

他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

  • 作者:宇田川 元一
  • 出版社/メーカー: NewsPicksパブリッシング
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: 単行本
 

ジャケ買いして読んでみたけど途中で挫折してる…帯で推薦してる人たちとわかりあえない… 

 

 

メタモルフォーゼの縁側(1) (カドカワデジタルコミックス)

メタモルフォーゼの縁側(1) (カドカワデジタルコミックス)

 

これもなんとか大賞なんとか、みたいな注目作。いつか読もうと思っていました。わたしはなぜだか勝手に主人公は男子だと思ってて、おばあちゃんと仲良く(=恋仲に)なっていくらしいぞ…なんてすごい漫画が流行ってるんだ…と思ってたけど全然違った。本屋でバイトするちょっと冴えない女の子と、旦那さんに先立たれ一人で書道教室をやっているおばあちゃんが、BL漫画を通して仲良くなっていく様子が描かれています。面白かったけど先ほどの通りの勘違いがあったので、インパクトは想像してたよりなかった(自業自得)。2巻までしか読んでないから、これからどうなっていくのが楽しみ。冴えないシャイな女の子がどんどんクリエイティブになっていくのかな。恋もするのかな?もはや親戚の子どもを見守るような気持ちでにこにこ読める。これが流行るのも、優しい希望みたいなものを感じるからなのかなぁ。

 

 

「差別はいけない」とみんないうけれど。

「差別はいけない」とみんないうけれど。

  • 作者:綿野 恵太
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

読んでる…けどなかなか読み進まない。けっこう難しい。でもためになる。これがきっと私が喉から手が出るほどほしい教養…というものになるはず…がんばれ…

 

ツイッターの有名人が集まってる合同誌。とくにスイスイさんの小説と川越宗一さんのタピオカSFが印象に残りました。やっぱり書くことを仕事にしてる人の文章のほうが面白いなって当たり前のことですが思ってしまった…比較しやすいフォーマットで並べられちゃうとつらいものはつらいね。

 

 

結婚の奴

結婚の奴

 

これについては別のブログ(先週の土曜日のこと - いろいろなことがある)に書きました。面白かったしできることなら早く続きを読みたいなあ、まだ序章でしかないと思うから。

 

 

現実逃避してたらボロボロになった話

現実逃避してたらボロボロになった話

 

なんとなくこの人の本は読んでしまう、失礼ながら彼女が生きることに課金しているような気持ちがあるのかもしれない、すみません。苦しくて痛くて絶望しているんだろうけど、描けるならずっと漫画を描いていてほしい。焦りが伝わってくるような線が、内容にぴったりなんだよなぁ。でも漫画を描くことですこしでも幸せになってほしいなぁ…。酒の飲み方が半端なくてさすがにゾッとした。

 

本屋で見かけてこれはコレクターとして買っておくかと思って買いました。一応読んだけど、うん、コレクションとしてはいいんじゃないかな。部屋のアクセントになる、黄色いから。

 

 

 

で、読み終えてないものがあるにも関わらずまた本を買ってしまったりしてるので、どんどん読んでいくぞ。

 

 

-------------------------

ドバイに旅行にいったときのことをzineにしました。あと大好きなペヤングの湯切りシーンのワッペンも売ってます。ぜひ!

 

今週の土曜日のこと

こんなに良い思いをしていいのだろうか、と白目をむきそうになる1日だった。


そして、良い思いをしている場合ではないというのが端的な結論で、わたしはもっと働いてもっとやるべきことをやらなくてはいけないし、消費でない余暇活動(イベント、小冊子制作、あとブログ)ももっとやるべきだ。と思う。


それを実現できる教養と体力と謙虚さが欲しい。


愛情を持ってものごとに当たる(もしかしたら誠実にやるというのと同じかも)には、ものすごい体力が要るということをこの年末年始で学習した。本気でやっていくぞと思って数日過ごしたらめちゃくちゃに疲れてしまったのだ。体力ほんとうに必要。
そして愛情を持って…の件についてもう一つ課題なのがその押し売りだ。わたしは元来かなり傲慢な性格なので、いざやるぞとなるとこちらの論理で「こうしろ!」と叫ぶようなところがある。謙虚さや想像力の元になる教養が必要だと強く思うのだが、それも根本には体力があると思う。
小さい頃から父親に運動しろ運動しろと言われ続け、無視し続けてきたけど、そういうことだったのか、と今になって思う。

 


とかなんとか言うのは、始発の新幹線で東京に行き、彼氏と食事をし、昼はピューロランドに行っていろいろと心動かされ、夜は先輩のお宅に招かれて美味しいものをどーんといただき、終電の新幹線で帰るという、怒涛の1日を過ごして、また寝込みたいような気持ちになっているからだ。それぞれについての感想も書きたい、もっとバランスのよい休み方を模索したい…


f:id:l11alcilco:20200126004658j:image

先週の土曜日のこと

金曜の夜、松屋を満喫した(シュクメルリ鍋定食のこと - いろいろなことがある)あと、ジムで簡易的に筋トレと歩行をし、ストレッチをやった。
腰痛防止には運動しかないようだということをようやく理解した。つらい…まさか、美容痩身目的ではなく、喫緊の痛み防止目的でジムに行くことになるとは。加齢は予想外のところからやってくる。


帰宅しながらブログを書き、寝て起きたら8時だったので、「これは天啓」と思って朝ドラ『スカーレット』を布団から観る。
いまの朝ドラはとても面白いので有難い。面白くないと朝から不愉快なので、ぜひ毎回面白い朝ドラをお願いしたい。と言ってももはや好みが合うかどうかでしかないので、祈るのみ。あと、全部観ると微妙に遅刻するので、7時半からの回(BSでやってる)を観られるように契約をしよう。って毎朝思うけどやっていない。
観終わって、ふむふむ、と思いながら二度寝。ずっと寝られる。ずっと寝られる…と思いながら、お腹も空いたしトイレも行きたい。うーん、という限界までやりきって起きる。
f:id:l11alcilco:20200124220405j:image
よしもと新喜劇を流しながらスパゲティを作って食べる。おしゃれに言うとワンポットパスタ。フライパンで具を炒めかけたところにお湯とスパゲティを入れて水気がなくなるまでぐつぐつやる形式だ。これでも家で食べるぶんには全く問題ない。


化粧して出かける。2年前に東京で一度だけお目にかかった方が名古屋に住んでいるということで、お茶しましょうとなった。人気のお店を予約していただき、お見合いのように話し合った。苺のタルトが3種類もあり、980円、1280円、1480円という絶妙な階段状の価格付けになっていて、最安値を選んだけれどじゅうぶん美味しかった。苺の種類が違うようだ。すごいな。
f:id:l11alcilco:20200124220429j:image

その後、とある美術大学の卒展を観に行き、本屋に寄って本を買う。

結婚の奴

結婚の奴

 

能町さんの本は初めの2冊(『OLだけどオカマやってます』と『くすぶれ!モテない系』)を大学の頃に熟読していた。そこから何冊も本を出されていることは知っていたけど、読んでいなかった。今回は内容が内容なので大変気になったし、先に読んだ友人からも感想を求められたので是が非でもと思って買った。
買ったらすぐ読みたくなって、近くの喫茶店に飛び込んで1時間半ほどで一気読み。
一言でいうと「絶対に恋愛関係にならない人と結婚しようとしている話」。面白かった。
わたしは一度結婚で失敗しているので、もうそんなものどうでもいい、という境地に至っている…ように見せて、意外とそうでもない。未だに、大人なら結婚しなきゃいけないし子どもを持たなきゃいけないという枠が脳内にあって、友人と話していても「それでその彼といつ結婚するの」みたいな態度をとってしまうことがある。そんなこと、もう、いいのに。固定観念というのはなかなか外れないもののようだ。
それとはまた別に「自分の家族がほしいなあ」とはときおり思う。この本の最後で能町さんが満たしているのはこの欲望ではないか。「ただいま」とドアを開けると「おかえり」と声が返ってくることとか、「スーパーに寄るならついでにコレも買ってきて」みたいな親切の交換とか。掃除とか洗濯とか。セルフネグレクトを回避させてくれる他者の存在は羨ましい。
わたしは法律婚にはそれなりのメリットがあると思っている(いざとなったときなど)(ただし改姓はものすごいデメリットだと思っているので早く夫婦別姓になればいいと思っている)ので、能町さんたちも法律婚を一旦してみたらいいのになと思う。つまり、この本の続きを早く読みたい。どうなっていくのかな。


そんなことで熱くなって帰宅し、切り干し大根を入れた卵焼きなど食べて寝た。
f:id:l11alcilco:20200124220529j:image
いろいろ思いすぎたらしく、翌日寝込んで有休消化してしまった。

 

シュクメルリ鍋定食のこと

 

"みんなの食卓"こと牛丼チェーンの松屋の期間限定メニューのことだ。
店舗限定で出たときに食べに行けなかったので、このときを待っていた。松屋が出してくるイレギュラーメニューを食べることを趣味と数えることにしたので、趣味の時間だ。
噂(という名のツイッター)によると、松屋の味の要であるニンニクをこれでもかと押し出した新作だという。ジョージア料理。
f:id:l11alcilco:20200118015831j:image
ポスター(↑こちらはwebサイトのスクショ)に載った「松屋 世界紀行」というサブタイトルも楽しい。このあともなにやらいろいろ出しますよというメッセージだと捉えたい。シリーズ、楽しみにしてます。

 


引越して、ロードサイドのいかつい松屋からは少し距離ができてしまい、街の中の松屋に来た。
金曜の夜、怒涛のツーオペ、怒涛の「少々お待ちください」の嵐、壊れる券売機、並ぶ客、リセットしてから時間がかかる旨をお伝えする店員さん、この客数のうち何人が新メニュー目当てなんだろう、と想像する間にゆっくり再起動する券売機。確かにいつもより更にニンニク臭のする店内。なんか盛り上がってきたな。


と思ったらきました、シュクメルリ鍋定食。
f:id:l11alcilco:20200118015922j:image
ぐつぐつしている。
サツマイモと鶏肉のクリームシチューにチーズをふりかけた素敵な見た目。
ニンニクだよ!ニンニクだよ!と聞いて来たからなのか、食べてみるとそこまででもない。このくらいのニンニクなら今までもあったよね?という気がする。
が、少し冷めてくると匂いが、味が、どんどんしっかりしてくる。
おー、これはこれは。チーズとニンニクがこってりとうまいよ。冬の味。ごはんも味噌汁も生野菜も、シチューの中の具でさえも、みんなソースの箸休めとしての役割だ。
これは単品の大盛りを持ち帰りにして、家でワインなど飲みながら食べたらとても良いのではないか?追加でチーズをかけて、パセリを散らしたい。付け合わせにザワークラウトなんかあったら無限ループできそうだ。クリスマスパーティーにぴったり!1年先だけど。


そうこうしているうちに、日本も初めて松屋も初めて、と思しきアジア系の男性客が入ってきた。中国語メニューで注文しているから中華圏の人なのかな。
この食券はどこで渡すのか。先に席に座っていいのか。持ち帰りコーナーに並んでいる人がいるから並んでみる。店員さんが食券を受け取って戸惑う。「こちらでお召し上がりですか?」「???」店員さんも日本人ではないのだが、お互いの言葉が通じない。半分英語、半分ジェスチャーでようやく座る。
座ってしばしキョロキョロ、紅生姜のフタを開けてみるなどして待つ。食べ物が来たら「ふむ」と止まってお箸を探す。あった、と思ったけど探していたのはお箸ではなくレンゲ。彼の机にはセットされていなくて、ジェスチャーで依頼。ひとしきり味噌汁をレンゲで飲む。そして牛丼、レンゲで。

美味しかったのかなぁ、美味しくなかったのかなぁ、わからないけど、彼の一挙手一投足があまりに旅人らしさに溢れていて、失礼ながらじっくり眺めてしまった。
疑問と不安→トライ→解決。
ちょっとずつその場所の流儀を発見して、やってみて、堪能するのが旅行の面白さのひとつだと思う。満喫してるなあ、いいなあとばかり思って、彼を助けてあげるという選択肢を忘れた。
牛丼屋は日本中どこにでもきっとあるけど、よそから見たら面白ローカルカルチャーだもんね。深夜に煌々と灯りがついていて、食券を買ったら、お茶が出て、火のついた鍋をひとり一つずつ配膳されて、誰とも話さずに食べて出る。
しかも、ジョージア料理がイチオシ。
ニューヨークのデリでベーグルサンドとコーヒー買うのと同じくらい、ドキドキする体験なんじゃないかな。大袈裟かもしれないけど。

 

松屋はいつでも楽しいな。なお、シュクメルリ鍋定食には、ミニライスがちょうど良いと思います。

 

2020年のこと

東京オリンピックの招致が決まったときのことをよく覚えている。7年前だ。
f:id:l11alcilco:20200111220759j:image

テレビで「トキョ!」の瞬間を観て、喜ぶおじさんたちの群れを観て、「あ〜〜なんかどうとも思ってなかったけど良かったな〜〜〜〜」なんて思って貰い泣きしてしまった。安倍さん(首相)は「福島はアンダーコントロールだぜ」と言っていて、そこまで言うならそうするんだろなと思っていた(まさか国際的なハッタリだとは!)。

 

その日に、ツイッターでこんなことを言った。


そしたら、尊敬する年上の友人が「今の私の歳だよ、7年前よりいまが楽しいよ、むまさんもこのままやってたら自然にそうなると思うよ!」とリプライしてくれた。
すごく、そうだといいなぁ…と思って、忘れられない会話になった。

その夏は、両親ともに体調が悪くて、一人暮らしを始めたばっかりだったわたしは実家に戻ってご飯の支度をしたりしていた。扇風機の弱い風で父の頭から髪の毛が抜けて飛んできて怖かった。金という名の力が欲しくて、新卒で入った会社を辞める決意をし、転職活動していたのだった。
果たして7年後の2020年、もう一度転職して、想像もしていなかった名古屋に一人で住んでいる。尊敬する友人のようにはなれていないけれど、新卒のときの会社で親切に育ててもらったおかげで楽しく働いている。
当時のツイッターも今のツイッターも、通勤を嫌がったり昼から酒を飲みたがったりとなにも変わらない。でも、いま充実しているし、たぶん7年前より楽しい。きっとこの一年も楽しいだろう。大丈夫だ。

 

2020年はもうひとつ節目に思っていたことがあるのだが、全然スタートできていない。それはスナック開店である。
3年ほど前、一緒に社外活動しているごまさんと、スナックをやろうやろうと口だけで言っていても仕方ないから、期限を決めよう、と話して、「キリよく、2020年」「オリンピック明けに物件を探そう」と決意した。
そのときは、当時勤めていた会社にずっといるつもりだったし、そうでなくても東京で、週4はどこかで働いて、週3はスナック営業、なんて思っていた。年賀状には毎年、「スナックのことを考えようね」なんて書いていた。
しかしわたしは名古屋に来てしまい、公私共に様々な問題も発生してしまい、彼女はもちろん東京にいる。今年、東京で物件を探し始めることが果たしてできるのか、想像すると白目をむきそうになる。
いまの私たちに適したなにかよい姿があれば良いのだが。それを模索する年にしたらよいのかな…と思う。

 


気が狂いそうに暑いのに空調のないスタジアムで陸上競技をやるとか、とても臭い海でアスリートを泳がせるとか、ボランティアはどうなんだとか、いろいろなことがあって不安な年だ。
とりあえず混雑する東京を抜け出して、みんな名古屋においでよ。



これも招致決定の日のツイート。実現しなさそうで残念。

 

 

2019年のこと


去年のことをまとめていなかった。年末がバタバタしていて、日々、行きたくないよーと言いながら出勤して、疲れたよ〜と言いながら帰ってきて、飲んで寝ていた。大晦日から3日間休みをもらって、楽しく過ごせたので良かった。

 

一応まとめておこう。

 

2019年はブログを76回書いた。

名古屋市内で引越した。

旅行もたくさんした。
2月にドバイ、3月に伊香保、4月に広島、5月に台北、7月に大阪、10月にバンコク
恵那、蟹江、郡上など、近隣の遠出もいくつかした。そして東京にもほぼ月1ペースで帰った。
書き出してみるとすごいな!贅沢してる。

 

本をいろいろ読み、映画もいくつか観た。映画は『スパイダーマン:スパイダーバース』が一番衝撃的に面白かった。

 

美術はもっと観に行きたかった。
『あいちトリエンナーレ』でいろいろなものを一度に見ることができたのは良かった。このおかげで、いろんな人が名古屋に来てくれて会えたのも副次効果で嬉しかった。ただ、愛知県立美術館は訪問する度に様子が変わり、いくつもの展示室が閉鎖され、半分以上観られなかった。表現の自由や美術の在り方について、否が応でも考えさせられた出来事だった。名古屋市長にはほとほと呆れた。

 

名古屋でのお友達を増やしたいと思って、トリエンナーレのボランティアをやってみたり、読書会に行ってみたりもしたが、自分の心が全然開けてないのでその辺はあまりうまくいかなかった。

 

自分で主催するイベントは東京で1回できて、名古屋でも1回できた。名古屋のイベントに合わせて、イベント用のペーパーと、ドバイに行ったときのことを書いたzineを作った。これは2019年でいちばん頑張ったことかもしれない。

 

仕事はもっと頑張った。実は人生で初めて出世した。今までの社会人生活の中で一番よく働いた気がする。

年間通して大病せず健康だった。
家族は軒並み入院したりいろいろあったけど、個人としては元気でがんばった。美味しいものもペヤングもたくさん食べた。

 

 

こうしてまとめてみると良い年だった気がする。ありがたいことだ。
ついに待ちに待った2020年が来たので、それについては別途にしよう。

 

 

------------------------

ドバイに旅行にいったときのことをzineにしました。あと大好きなペヤングの湯切りシーンのワッペンも売ってます。ぜひ!

 

火炎風のこと

 

ここ最近は不健康な食事ばかりしています。
その中でも代表のペヤング大先生も順調に食べてます。
ちょっと前に出た火炎風は超大盛なので、通常のペヤングの大きさの倍。実はこの量、初めて食べる。ドキドキ。
f:id:l11alcilco:20191229205534j:image

ソースの色がとても鮮やかに赤いです。ちょっと粉のようなつぶつぶが見える。過去の激辛系はソースが黒かったので、それより辛くないのかな。それとも辛いのかな。
f:id:l11alcilco:20191229205620j:imageあとから調べたらこの赤は豆板醤だったのかも?


f:id:l11alcilco:20191229205748j:image
はい、できました。チラホラ入ってる白くて丸いフニャフニャしたのはなんだろう。

からい。
結構からいな。
牛乳のもう、牛乳。

や〜、からいな、ヒリヒリ。
ちょっと普通の味のソースを足してみよう。
あ、ちょっとマシかもしれない。

うんうん、慣れてきた。
とかやってるうちに思ったよりすんなりと食べ切れました。

この日はすごくブロッコリーの気分だったので、ブロッコリーも食べました。栄養バランス的に必要だったので心の声に従ってよかった。
f:id:l11alcilco:20191229205852j:image

 

ところで、この超大盛がまあまあイケた経験を踏まえて、超超超大盛GIGAMAXを、今度こそ、食べてみようと思っています。
去年も紅白を見ながら食べるぞと決意していたのに、潤沢につまみを用意して飲んでしまったのでペヤングまで辿り着けず…。
今年はペヤングのおかげで名古屋でのご縁も広がったので、締めくくりに(?)食べて年越しそばの代わりにしようと思っています。
そこで今日のブログのような内容を、ライブ配信してみようかと思うのですが、、いったい誰が観てくれるのか。まあ、最終的には自分の記念になればいいという気持ち…。紅白が始まるより前に食べ終わるように、時間調整するつもりです。そもそも果たして仕事はそこまでに終わるのか!食べ切ったらしんどくて紅白が見られなくなるのでは!等々の懸念もありますが、ご興味ありましたらご覧ください、実施の場合は各SNSでお知らせするつもりです…

 

 

-------------------------

ドバイに旅行にいったときのことをzineにしました。あと大好きなペヤングの湯切りシーンのワッペンも売ってます。ぜひ!