ポエムのこと

Twitterが出てきて、さらにInstagramが生まれて、世の中のかなり多くの人が短文を書くようになった。
それによって、ほぼ自動的に、多くの人が詩人化していると思う。


ブログももちろん詩的であることは多いし、90年代のインターネットでもポエムしている人たちはたくさんいたと思うのだけれど、もっともっと自分の意図によらずに、いまインターネットをしている人たちは詩的になっていると思う。ただ、今日ああだった、さっきこうだった、と書いている人が増えて、それがいつの間にか詩になっていることが増えている。

 

5年くらい前に「ポエム化する社会」みたいな言い回しがあって、それは、「夢」とか「絆」とか「ナンバーワンにならなくてもいい」とか、そういう言葉に収めていってしまうことへの危機感、つらいことをふわふわさせて、現実をちゃんと見ないことへの不信感みたいなのがあった(と思う)(ちゃんと読んでない)。
居酒屋のトイレの相田みつをとか、結婚式や葬式での人の過剰な美化とか、ワタミとか、そのへんのことだった。わたしは、そこに挙げられていたようなことにはアハハ、ちょっと笑っちゃうよね、という気持ちがある。

 

そうでなくて、現実を言葉にすると詩になっているという現象が、いまわたしの身の回りに溢れている。
定時に会社を出ると空が明るい、みたいなこととか、駅のトイレで隣の個室の人が巻くトイレットペーパーのリズムが「ジングルベル」だった、とか、実家に帰ったら自分の寝る布団の上にタラレバ娘が積まれていた、みたいなこととか。
なんて詩的なんだ…と思う。
それを書く。
似たように書いている人を見て「なんて詩的なんだ…」と思う。
似たように書く以上に、素晴らしく書く人ももちろんいて、衝撃を受ける。こんな視点があるのかよ、こんな言語化があるのかよ、こんな気持ちがあるのかよ…と。
大好きなデイリーポータルZの古賀さんのブログなんて、まさにそれだ。日々のことを書いているだけだけど、めちゃくちゃに詩だ。
そんなポエム化は悪いことではないと思うんです。

 

(追記)まさに上記の先鋭化されたような内容で、この本おもしろかった

平和園に帰ろうよ (新鋭短歌シリーズ48)

平和園に帰ろうよ (新鋭短歌シリーズ48)

 

 

f:id:l11alcilco:20190521230456j:image

ふぁぼとアランジアロンゾのこと

昨日、栄で髪の毛を切ってもらい、帰りにチラッとロフト名古屋栄店に寄ったら、アランジアロンゾのポップアップストアが出ていた。

 

アランジアロンゾとは1991年スタートの作家ふたり組で、キャラクターのイラストを作ったりそのグッズを作ったりその店をやったりしている。いまで言えば「ゆるくてかわいい」絵なのだが、91年当時に「ゆるい(良い意味で)」という言葉は存在しなかったと思う。たれぱんだ以前の世界。
わたしは姉の影響でこの作家のキャラクターたちが大好きだった。本も買ってもらって読んだ記憶があるし、シールとか未だに勿体なくて使い切れてない。とにかく当時は売れまくっていた。当時というのは、平成10年よりも手前くらいのことだと思う。
時は経ち、ちょっとわたしがアランジアロンゾの存在を忘れかけた頃に東京スカイツリーができ、その中にアランジアロンゾの店が入った。「うおー」と思ってこの本を買って読んだ。

(有)アランジアロンゾ (文芸シリーズ)

(有)アランジアロンゾ (文芸シリーズ)

 

めちゃめちゃ売れまくっていた頃に中国で模倣品が出て大変だったエピソードがアツかったのを覚えている。また読もう。


名古屋はやっぱり関西圏に近いからなのか(どうなのかわからないけど)、ちょくちょくアランジアロンゾに出会う。中部国際空港セントレアのキャラクターも彼らのものだし、名古屋駅の地下街で昨年やっていたクリスマスフェアの絵も彼らの絵だった。よく考えてみたら愛・地球博モリゾーキッコロも彼らのデザインだ。縁が深い(が、直営店はクローズしてしまったようだ)。

 

で、昨日の話に戻る。
ロフトで展開されていたグッズはひさびさに見た私を狂わせて、、、というほどでもないが、ちょっとだけ衝動買いした。

https://www.instagram.com/p/BxmClSHngbN/かわいい。とかげ、かわいいな〜。
で、これが、アランジアロンゾ公式アカウントにリツイートされ、今朝のところ50個の「いいね!」がついているのだ。f:id:l11alcilco:20190519123544j:image50ふぁぼ。


Twitterをやり続けて11年、1000人もフォロワーがいる(半分は業者さん)のに、7万postもしてるのに、一度もバズったことがない。こう具体的に書き出してみるとなんだか切ない。
かつて、ふぁぼったーが存在した頃は赤ふぁぼが欲しくて欲しくて仕方なかった。(ふぁぼったーについてご存知ない方は各自検索してください。)
どんなに気の利いたダジャレを言っても、どんなに気の触れたイベントのお知らせをしても、50もふぁぼもついたことがない。長々やっていても、ない発信力は育たないのだ。
それなのに、それなのに、「これかわい〜」で50ふぁぼか…ということに、なんだかしんみりしてしまった。公式の力、ハッシュタグの力を11年にして初めて感じたし、好きなものを介してTwitterで誰かとつながるというやつを久しぶりに味わった。
赤ふぁぼが欲しかった頃は、Twitterアカウントを持っているというだけでみんな友達のような気になれたけれど、いまやそんな感じが全然しない。赤ふぁぼって、5つふぁぼが付いたらもう赤だったもんね、それくらいの規模感の遊びだったのだ、当時のTwitter。同じサービスだけれど、11年も経てば使い方は変わるのだな。そういえばマストドンを全然使っていないこともついでに思い出した。


f:id:l11alcilco:20190519123820j:imageラインスタンプもかわいいからみんな買おう!

すごい贈り物のこと

先日34歳になった。
感慨は特になく、多少の焦りがある。焦りと言いつつ、お誕生日は休みにやりたいことにあげていたことをほとんどせず、だらだらして過ごした。掃除を少しした。生まれて初めて風呂釜洗浄をして使う水の量におののき、待っている間に放置していたコンロを磨いた。ビールとハンバーガーは実践した。いい日だった。


関連して、驚くべき贈り物をもらった。
しかも2つも。


1つめ。
スナックをやりたいといろんなところで言っていて、実はその店名も半分決めている。それとは別で、Instagramで自炊の写真をアップするときに使っているハッシュタグがあり、それが #スナックむま である。自分で写真をアップしつつ「こんな食べものが出てくるスナックって相当場末だな」と思ってお招きできない気持ちになることもあるほど、どうしようもないメニューが多い。そもそも自分が作った食事にハッシュタグをつけて『〇〇ごはん』とか『〇〇キッチン』とかやっている女子たちに「うわ〜なにそのセルフブランディング的なやつ…」とドン引いていたのだ。でもいつの間にか時代に自意識が負けた。なんて他人任せな物の言い方なんだろう。いつの間にかインスタのハッシュタグ文化にかぶれたのだ。そこでわざわざつけたのが『スナックむま』であった。『メシマズ嫁』という言葉はだいぶ下火になっているけれど完全にその種の人間なので、実際にスナックをやる暁にはあまり工夫のない、間違いのないメニューを揃えたい。豚汁とか。


前置きが長くなりがち。


それで、もらったのが……なんだこれは!
f:id:l11alcilco:20190513225424j:image手のひらに乗る!
しかも…f:id:l11alcilco:20190513225427j:image光る!!!!!
姉が作家さんに発注してくれたそうだ。すごい。神なのか。
f:id:l11alcilco:20190513225342j:image
あまりにとんでもなくて箱を開けた瞬間笑いながら一旦閉めてしまった。
そのあといろんなところに置いて写真を撮ったり電気を付けたり消したりして写真を撮って大いに楽しんでいる。
開店したな、と思った。
看板があるから開店したんだろう。
びっくりした。

 

2つ目。
お誕生日プレゼントを渡したい、と彼氏から3月に言われて困惑した。なんならホワイトデーでそれをいただいて、5月に他のものをいただいても結構ですよと強欲さをみせつけそうになった…ところがどっこい、開けてびっくり玉手箱。


わたし「これはお誕生日ですわ…最高すぎてもうなにも欲しがれない」
彼氏(どやー)


それがこちらです。
ペヤングf:id:l11alcilco:20190513225556j:imageリュック!
どこで売ってるのかわからない、そもそも売っていたことすら知らなかった、こんなキテレツな商品を探してくるとは。この人も神なのか。身の回りが神だらけで焦る。いつからみんな天上に…?
伊香保でのペヤングイベント訪問時に、気が狂ったようにペヤングを買い漁る彼女(わたしのこと)を見て、「こんなにウケるコンテンツだったのかペヤングよ」と彼氏はきっと思ったのだろう。”ペヤング グッズ”で愚直にググってくれたかと思うと、そのお気持ちがありがたくてひれ伏してしまう。そしてペヤ旅の熱冷めやらぬうちに、フライングで渡してきたリュック。なんかでかい荷物持ってるな〜とおもったらこれ。袋から出てきたときの衝撃。「なにこれ!!!!」と100回ほど叫んでしまったことを、今更ながら近隣の方にお詫びしたい。いまとなっては5月まで渡すのを待てなかったの、わかる。
f:id:l11alcilco:20190513225613j:image
背負うとこんな感じ。

 

驚きの2品目以外にも、いろいろな方からいろいろなものをいただき、感謝感謝の日々。ちゃんとしなくては。


f:id:l11alcilco:20190513225701j:image開店の花とともに(うそ)

日記(カップ炒飯、フレンチプレス、TOCのこと)

 

朝、GW中に気が動転して買った「カップに入った冷凍チャーハン」を食べた。セブンイレブンで売っているもので、ちょうどカップヌードルくらいのサイズの片手で持てるコップに炒飯が入っている。3分チンして食べる。ちゃんと、ちょっとしつこめの炒飯だ。すごい。未来だ。まんぺいさん、新時代ですよ、と思う。そもそも実は冷凍チャーハン自体を初めて食べたが、美味しい。スーパーで売っているあの袋に入っているのはどれくらい食べたかわからなくなりそうで怖いので、これくらいにしておきたい。怖い。(心のハードルという名の)堤防は(すぐ)決壊するから。

 

通勤途中にこのブログを読み、急にフレンチプレスがめちゃめちゃ欲しくなってしまった。 休みの日はマッサージも行きたいとか、観葉植物の鉢を替えたいとか、ゴミ袋を買いに行かなきゃとか、追加でいろいろな願望と用事が浮かんでくるなか、牛乳でフレンチプレスしてみたいも追加になった。

 

出勤してやることはやったものの、ロクに働かない日だった。大ボスから「暇なら時短せよ」とのお言葉もあり、定時よりも前に退勤してしまう。まだ明るくて嬉しい。

 

これは、ビールか…?と思いつつ、休みの日にやらなきゃいけないけどあんまりやりたくなかったフィールサイクルの解約をやっとした。何ヶ月も続けたお金のドブ化にがっかりしてしまうが、いま解約しないと永遠にドブ化するので、「今がいつも一番早いのよ」という気持ちで臨む。健康的な笑顔のお姉さんに「お仕事忙しくて来れない感じですか」と訊かれて、「いやテンションも体力もついていけなくてスンマセン」とは言えず「はい…」とだけ答えた。

帰りにタンドゥールに寄ってカレーを食べたらびっくりするほど美味しかった。タンドゥールについてはこちらをご覧ください。
 今日になってタンドゥールのカレーとよもだそばのカレーと味が似ているということを初めてちゃんと理解できた。味がわかるような気になって嬉しい。

 

食べ終わってまだ時間に余裕があるので、高島屋にフレンチプレスを見に行った。ちょうど上の記事でオススメされていたbodumのフレンチプレスは欠品していた。なぜかホッとしてしまう。買わなくて済んだ…と思った。買っても使いこなせないことを見込んでいたのか。わからないがホッとした。代わりにずっと必要だと思っては忘れていた茶漉しを買った。これもまたホッとした。

https://www.instagram.com/p/BxKWfwBHeJe/

かわいい茶漉し買った。立つ!

 

お茶を飲んでケーキなどやらかして帰ってきた。帰りにパン屋さんで食パンを買った。『きのう何食べた?』の先週の回の影響で食パンをすごく食べたい気持ちになっていた。帰ってきてパンを机の上に置き、明日の朝必ず忘れずに食べることを誓って寝る。

 

仕事でヘトヘトにならないでいると、ブログに書きたいようなどうでもいい細かいことが沢山あるものだなと思う。ヘトヘトになるとよしなしごとすべて忘れてしまう。

 

 

GWと休みにしたいこと

サービス業の裏方みたいな仕事をしているので、怒涛のゴールデンウィーク10連休は5勤1休体制で臨んだ。
裏方なので基本的には机に座ってなにかしているのだが、たまに呼ばれて現場を手伝ったりもあり、いつもと違う刺激的な日々。さっそく火曜の夜に39℃の熱が出て「こんなときにインフルエンザなんて空気読め…!しかしこれってもしや連休チャンス到来か…?」と邪な気持ちを抱えて病院に駆け込んだところ、残念ながらインフルエンザではなかった。「普通の感冒」だそうで、神様は見ているなと思う。お陰で令和初日は病欠し、天皇のお言葉をBGMに、汗まみれになって1日中寝た。

 

金曜日はもともと休みの予定にしていたところに、東京から家族が来てくれた。平均年齢55歳。
清々しい五月晴れの中でノリタケの森と徳川園をはしごした。どちらも素晴らしいお庭と展示が楽しめる施設なので、名古屋観光のメニューに持っておくのは良いとおもう。それと、どちらの施設も中にあるレストランがとても素敵なので、次は予約してみたい。
しかし今回行った徳川園の横にあるきしめん屋さんも、美味しいし観光らしくてとても良かった。『三芳屋』。広々した立派なお店。味噌煮込みうどんもあって父も喜んだ。ここの温かいきしめんはおつゆから引っ張り出して溶き卵に絡めて食べる。すき焼きのような、永福町大勝軒のようなスタイルだ。そうしないと食べづらいほどおつゆが濃い。暑いくらいの日だったので、冷たいざるきしめんも美味しかった。

https://www.instagram.com/p/Bw_Pem2nbIQ/前日から泊まる予定だった親の宿泊予約ができているつもりでできていなかったり、当日の夜の食事処(ここは予約できていた)が全然だめで急遽変更したり、いろいろあって19時頃みんなを新幹線の乗車口まで見送ったあと、家に帰ってビールを飲み、また泥のように寝た。

 

 

土日が無事に過ぎ、今日でとりあえずGWは終わったので、喜びの気持ちと共にスーパーで芍薬を買い、お風呂に浸かってチョコミントアイスを食べた。

 

明日と明後日は連休明けの平日だから、なんとなく働くことにしている。木曜日は休みだ。本当の休みだという気持ちでとても楽しみ。やりたいことがたくさんある。
気に入っているクラフトビールのお店で昼のハンバーガーとビールをやりたい。お店Aとお店Bで迷っている。当日決める。2つも気に入っているお店があるなんて最高だ。
映画を観たい。グリーンブック。
美容室に行きたい。
積ん読本を読み進めたい。『わたくしのビートルズ』を読みながらお酒を飲むにはどうしたらいいか。
本屋さんにも行きたい。積ん読は大量にあるけど行きたい。
前から気になっているお花屋さんに行きたい。花を買って、なんならそこのお教室に通えないか聞きたい。
フィールサイクルの解約にずっと行きそびれているのでしたい。これはしたいというかしなきゃ。
掃除。これはこのブログを書いている時間を充てればよかったと思います(感想)。
焦らないでのんびりしたい。
でもこれだけやりたいことあるから焦るだろうな。とりあえず寝て終わらないように気を付けないといけない。これが既に焦りなんだけど。

 

 

 

お好み焼きのこと(広島に行ってきました)


広島名物、やっぱりどこかで食べないとねと思う程度の気持ちで、お好み焼きを食べに行った。


お好み村という、お好み焼の名店が集まっているビルがある。ワンフロアに7軒くらい、鉄板をひしめきあわせていて、2階から4階まである。
その隣には「お好み共和国」という店があり、「お好み焼 村長の店」もあり、斜向かいには「お好み焼き へんくつ」もある。お好み焼きに関するあらゆる主義・主張があふれた一角になっている。ということはもうありとあらゆるブログに書かれているんだろうな。
f:id:l11alcilco:20190428195141j:image
4階の「厳島」というお店がいいよと聞いて行ってみた。
エレベーターを降りてびっくり。びっっっしりと、修学旅行なのか遠足なのか、小学生が鉄板を囲んでお好み焼きを頬張っていたのだった。そのフロア、全ての店で。
「あ、大人がいる!」と思ったらそれは先生とバスの運転手さんたちの一群で、どうにも平日昼間一人で観光している女の入る隙はないようだった。
f:id:l11alcilco:20190428195235j:image(ダメダメと思いつつおもしろくて写真を撮ってしまった)


しばらく「厳島」の前で佇んでみたのだけれど、相手は小学生なので全然食べ進まない。体の大きい子が一人「おせえなあ〜」とか言って食べ終えていたけど、他のみんなは持て余しており、彼が立つわけにも私がそこに体をねじ込むわけにもいかず、諦めた。


別のフロアは主に外国からの観光客が熱心にお好み焼きを食べていた。私はガラガラでもなく、満席でもないお店に座った。
や~見事に焼きますねと一連の作業を眺めて、完成品の写真を撮り、配布されるミニこてで切る。小皿に乗せて食べると、いまひとつまとまらない。
f:id:l11alcilco:20190428195306j:imageソースのついた上面を食べてみたり、出汁粉で炒めた麺を食べてみたり、するけれど、「あーこれがお好み焼きなんですねー」というひとかたまりでは食べられず、やきもきする。
広島のお好み焼きは、焼きそばの麺を炒めて、キャベツやその他具材と層にしてまとめてある。よく考えるとあんまり食べたことがないし、あっても久しぶりだ。モダン焼きという名前で、実家の近くのお好み焼き店にあったかもしれない。それくらいの距離感。大学生くらいの頃に、下北沢のお好み焼き店に行くのが個人的に流行してちょこちょこ行っていたけれど、それもいま思えば大阪風の、すべてのパーツが渾然一体となったアレであった。


ゆえに、わたしには広島焼きのリテラシーもマナーも全くない。それに気がついて、他の地元民ぽいお客さんたちの食べ方を観察してみた。すると、お好み焼きの切り方が違うことに気が付いた。
わたしは、真ん中にコテを入れて四つ切りにして、ピザやホールケーキを分けて食べるようにして小皿に乗せていたのだが、地元らしき方々は、ひと口分を外周から切り出して食べている。外側から段々と円の中心に向かっていくような感じだ。
なるほどそうすればバラつかせずに口の中に入れられるのか!と気付いたのはもうだいぶ食べ進んでからだった。ざんねんだけど、満喫しきれなかったなぁ、と思いながら食べ終えた。普通の焼きそばのほうが好きかな…と思ったことは絶対に広島の人には秘密にしておく。

 

カープのこと(広島に行ってきました)

広島は、とにとかくにもカープであった。カープから逃げられる企業などないように見えた。


f:id:l11alcilco:20190425231825j:imageお菓子屋さんも(パッケージが帽子に!)。
f:id:l11alcilco:20190425231855j:image飲み屋も。
f:id:l11alcilco:20190425232008j:image飲み屋も。
f:id:l11alcilco:20190425231915j:imageちょっと洒落てそうな飲み屋も。
f:id:l11alcilco:20190425232104j:imageかなり手作り感のある喫茶店も。

 

宮島の水族館はカープのコーナーがあり
f:id:l11alcilco:20190425232215j:image
赤ヘルぽい金魚が泳いだりしていた。f:id:l11alcilco:20190425232231j:image
スナメリのコラボグッズがかわいくて息止まる。f:id:l11alcilco:20190425232259j:image

 


f:id:l11alcilco:20190425232320j:image針も(広島は針の生産数日本一だそうだ)。
f:id:l11alcilco:20190425232335j:image柿の種も。うまい。
f:id:l11alcilco:20190425232351j:imageペット屋さんも。
f:id:l11alcilco:20190425232420j:imagePARCOも。


各方面からご推薦いただいた『むすびのむさし』も。
f:id:l11alcilco:20190425232628j:image
 なお、『むすびのむさし』と(おそらく)バトルしていそうなおむすび屋さん『ちから』は、アンオフィシャルな提案でカープにあやかろうとしていた。
f:id:l11alcilco:20190425232644j:imageCセット。

 

名古屋でももちろんドラゴンズグッズ、ドアラグッズを名古屋駅や観光地で売ってはいるけど、ここまでではないと思う。(最近あんまり強くないからか?)(ここ小声で)

思うに、カープ坊やのデザインがそもそも良くて、間抜けにならずにグッズ展開できるところが強い。カープを自分たちだけで楽しむばかりでなく、地域産業へ仕立て上げたエラい人がどこかにいるんだな。素晴らしいことだ。 老若男女が連れ立ってマツダスタジアムへ歩いていく姿を眺めて、カープフォーエバーという気持ちになった。当日はカープがドラゴンズに勝ったので、ちょっとホッとしながらお酒を飲めた。